石川都の公式サイトはこちら
石川のゴジラ
石川の魅力
石川県は、日本海のほぼ中央部に位置している。旧国名でいう「加賀」と「能登」に分かれており、加賀の中心都市は金沢。そして、能登は和倉温泉のある七尾や朝市で有名な輪島などの都市が点在している。 なんといっても石川県は文化財・景色の宝庫。戦災や大きな天災に遭っていない金沢は昔さながらの武家屋敷や、お寺、神社等々が残る芸術の街である。また、冬の時期、雪吊りが有名な庭園の造作、 変わった表情を持つ坂道の多さも2つの丘陵地帯に囲まれた金沢ならではの見どころである。 『兼六園』『金沢城』『東山ひがし』は、日本の歴史の美しさを味わうことが出来る観光名所となっている。
代々受け継がれる伝統工芸である輪島塗や、金沢箔、加賀友禅、等、美術・工芸に関する文化勲章受章者、重要無形文化財保持者(人間国宝)はこれまでに17人を数える。 中でも金沢箔の生産が盛んであり、金箔の国内シェアの98%以上を占めている。(銀箔の国内シェアにおいては100%!) 日本海に面していることから、海産物も名産となっており、加能ガニや宇出津港のと寒ぶりなど海産物のブランド化にも取り組んでいる。 「干しくちこ」というなまこの卵巣を塩漬けにし、それを乾燥させた珍味は酒の肴にもってこいだとか。 「かぶら寿司」も金沢の名物として外せない。

石川出身の有名人
森喜朗  道場 六三郎  中田ヤスタカ  capsule  ダンディ坂野  松井秀喜 …などなど

石川のシンボル


県木:アテ

県花:クロユリ

県鳥:イヌワシ
石川でのNGワード
だら
※だら=バカ、アホ以上の意味をもつらしい石川弁